風邪にご注意!

こんにちは。新人セラピストの木下です。

この季節、乾燥や冷えにより体調を崩しがちですが皆さんいかがお過ごしですか?

風邪のウイルスは空気が乾燥したところや寒いとところで繁殖しやすい性質を持っています。空気が乾燥していると、ウイルスが増えやすいだけでなく、のどや鼻の粘膜が保湿性を失い、ウイルスに感染しやすくなります。冬は、空気が冷たく乾燥しているため、風邪にかかりやすいのです。特に、体調が優れないと風邪にかかりやすくなります。

 ビタミンCには風邪にかかりにくくする作用があります。鼻や口から進入してきたウイルスは、のどや鼻の粘膜にくっつきます。粘膜がきちんと機能していると、風邪のウイルスは粘液によって体の外に追い出されますが、体調が優れないと粘膜の上で増え続け風邪を引きます。ビタミンCは、粘膜を保護したり、正常に機能させる作用を持っています。

 風邪は何よりも「予防」が大切です。リンゴやミカンなどビタミンCが豊富な果物を毎日200g以上、しっかり食べて体調を整え、風邪のウイルスに打ち勝つ抵抗力をつけましょう。

☆帰宅後のうがいは必ずするように心がけてくださいね!!

2005-11-02 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment