のどが痛いとき

こんにちは、セラピストの幸塚です。

おとつい雪が降ったと思ったら、今日はだいぶ暖かくなリましたね。

毎日気温の差が激しいので、体調管理が難しいと思います。風邪や悪い気は首から入ると言われていますので、マフラーなどを巻いて首は冷やさないようにしましょう。

今月のテーマは喉と鼻のケアですが、私が今やっているのは気が向いた時にうがいするぐらいです。

お正月に風邪をひいた時にお医者さんからもらった青いうがい薬が残っているので、目にとまった時に使っています。有名な某赤色のものとは違い少しとろっとして石けんみたいな味がするのですが、慣れるまで気持ち悪かったです。

前回の風邪で、あまりにも喉を傷めると、のど飴をなめることによって痰がからんでさらにひどい目にあうということに気付いたので、あまりのど飴は信用しなくなりました。お湯でのどを潤すぐらいが一番のどにやさしいと思います。

私は普段貧血気味なので、家ではいつも鉄のやかんでお湯を沸かして飲んでいます。

今の時期にオススメなのが、しょうがをおろしたものと黒糖をお湯に溶かして飲む方法です。

体は温まるし、ビタミンやミネラルも取れますし、素朴な味でおいしいですヨ!

2006-02-08 | Posted in 未分類1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 ku:nel:asobu | 2006.02.09 15:12

SECRET: 0
PASS:
先日友人と『おとといVSおとつい』で盛り上がったのですが、私は『おとつい派』です。
方言なんですかね・・

Comment





Comment