黄金の中庸

こんにちは。セラピストの小島です。

突然ですが、みなさんは「黄金の中庸」という言葉をご存知でしょうか?

古代ローマの詩人ホラーティウスの言葉で、簡単に言うと「何事もほどほどがよい」という意味だそうです。

鼻や喉を守る「ほどほどがよいもの」・・・それは鼻毛です!!

鼻毛は気管支に異物が入るのを防ぐフィルターであり、自分の吐息から水分を回収する作用もあるのです。

鼻毛を必要以上に処理する事は、こういった防衛昨日の低下を招くだけでなく、鼻に雑菌が繁殖する危険すら招くのです。

とはいえ、常に鼻から出てるのも、社会的には困りもの。

「ほどほど」を維持して健康的な社会生活を送りましょう!

2006-02-11 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment