ゆとり

こんばんは、セラピスト鈴木です。

まだ義務教育をうけている頃、やりたい・なりたい職業が今の仕事です。

幼い頃に両親や親戚に肩たたきをやって、笑顔を返してもらっていたからです。

はじめは単純に治療だったので、鍼灸の資格をとったあと治療院に勤めました。

そこでは、急性の疾患が多かったので、やりがいもあり勉強にもなりました。

でも、母が喘息だったことから次第に心が変わり外科的のものから内科的なものに向き、癒しそのものが治療になると考え、今に至ります。

治療院の時には治るか治らないかでスピードが求められていました。

今は、時間の中でゆとりが求められているような気がしてます。

Chaiでの研修中に技術を教えてくれた人が、まさに、ゆとりの時間の中にいる人だったので、

その人に会えたことを感謝しています。

2006-03-07 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment