怪我の自慢大会は何で始まるんだろう

 セラピストの土田です。今日は10の質問に答えます。

 1 (趣味) 最近は音楽ではブラジルのエグベルト・ジスモンチを聴いています。映画ではヨーロッパの映画を、本や小説ではマックス・エルンストの『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』やジョージ・マクドナルドの『リリス』を読んでいます。たまに絵を描いたり、パソコンを使って素材を組み合わせ映像を作ったりもしています。あとは気になるものが落ちていると拾っています。小さい頃からのクセみたいなものです。

 2 (血液型) A型ですがちゃんと調べたことがないのでよくわかりません。

 3 (学生時代の部活) 剣道部と陸上部

 4 (食べ物の好き嫌い) 好きな食べ物は米を使った料理。嫌いな食べ物はあまり思い浮かびません。

 5 (初めて見た映画) 子供の頃に宮崎駿の映画はよく見ましたが、初めてということであれば『グレムリン』だと思います。ギズモの動きや、名前の響きが好きだったように思います。

 6 (好きな街) クロアチアのドブロブニクはアドリア海に面したきれいな港町。遺跡のような趣がありながら、そこで暮らす人々の生活感もしっかりと感じられます。

 日本だと屋久島が好きです。とくに山のほうに入ったゲストハウスは居心地が良かったです。朝は川の流れる音で目が覚め、夜はたき火が消える頃に眠る。そんな単純な生活から得られる満足感と周りに住む人たちのふところの広い優しさは今でも心の支えになっています。

 7 (影響を受けた施術師) 身近なところで整体を勉強していた母の影響が一番大きいと思います。あとは他の人の良いなと思ったところはなるべく取り入れるようにしています。

 8 (一番痛かったこと) 小さい頃にジフテリアにかかり、のどが腫れて呼吸ができなくなり、首に穴を開けて管を入れて、そこから呼吸をしていたことがあります。他には箱型のブランコのようなものに乗っていたときに足を横から投げ出していたら、支柱にぶつけ骨折したときのこと、腕を脱臼したときも痛かったと思うのですが、全部昔のことなので本当はほとんど覚えていません。最近は痛いと思うことはあまりありません。だから怪我の自慢にもあまり参加しないようにしています。

 9 (お薦めの本) 人に薦められるということであれば、ガルシア・マルケスの『百年の孤独』をお薦めします。

 10 (宝くじに当たったら) 優雅な田舎暮らしをの準備を始めます。

 

 以上で本日のブログを終わります。

 

2006-06-06 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment