夏休みの思い出

こんにちは。セラピストのソウマです。

私は以前、婦人保護施設の指導員として、4年間働いていました。そこは、精神的な障害、アルコール中毒、夫の暴力、売春させられていた方等を保護し、社会復帰を目的とした利用者の宿泊施設です。

仕事内容は、洗濯、掃除、料理、仕事としての織物作業の指導で、時には、利用者どうしの喧嘩の仲裁をすることもありました。社会人として初めての職場でしたので、大変でしたが、利用者に元気づけられたり、心と体のふれあいというのでしょうか。毎日がドラマのようで、大きな家族のようでした。

手に職を求めて退職後は、セラピストとしての修業で忙しく、利用者と会えませんでしたが、最近、仕事に少しずつ慣れてきたので、先日、夏休みを利用して2年ぶりに遊びに行きました。利用者の顔を見たときは嬉しくて、涙が出てしまいました。皆さん新しい仕事をもち、イキイキとしていました。

利用者「ソウマせんせー、六本木で働いてるのって、外人とかいて危なくないの?」

私「ありがとう。あなたとはよく戦ったからね。あれで強くなったから、心配いらないんだよ。」

私と利用者「あはははは。」

今では笑い話です。

久しぶりに会いたい人に会える夏休みって、いいですね。

次回会う時は、お互いにまた成長していたらいいなと思います。

明日もがんばるゾーと思えた夏休みでした。

2006-07-24 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment