おなかをあったかくして寒さを乗り切ろう。

ブログを読んでくださっている皆様、こんにちわ。

セラピストのカバクラです。

10月ももうすぐ終わり。街路樹も色づき始め、秋が深まってきましたね。

だんだん寒い冬が近づいてきています。

私は寒いのが大の苦手で、冬がやってくるのを考えただけで今から憂鬱です。

実際寒くなると、冬眠中の亀のように動きが止まってしまいます…

(だめですね~寒いからこそ体をどんどん動かして暖めたほうがよいのに)

今年こそは寒さに負けないようにと、防寒対策に余念がありません。

レッグウォーマー、ももひき、ババシャツ、毛糸のパンツ、分厚い靴下…今までいろいろ試してきましたが、

今年ははらまきを取り入れました。

これが大当たり!!!

お腹からお尻、腰にかけてあたためると、薄着でも全身がぽかぽかに。

私はシルクのものを使っていますが、シルクは保温吸湿に優れ、体の毒を出す作用があるとか。

ただ絹は、繊維が細く丈夫ではないので、繰り返しのお洗濯には向いてません。

最近はハイテク技術を駆使した繊維で

遠赤外線効果のあるもの、汗を熱に変える!効果のあるものなど、いろいろなタイプが出ているみたいです。

特に女性は、お腹と下半身の冷えが大敵です。

おなかをあったかくして、寒い冬を乗り切りましょう。

2006-10-27 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment