手荒れとさよなら

今回のテーマ『冬対策』は12月1日からスタートしましたが、まさにその日に髪の毛をばっさりと切りました。推定20cm。残った髪より切った髪の方が多かったです。私なりの冬対策です。なぜって去年くらいからマフラー巻くのがお気に入りなのです。マフラーを巻く時に長い髪を巻き込まないので、おかげ様で快適です。という訳で改めましてショートボブの川島です。

さて、冬に髪を切るのは他人様にはおすすめできませんが、乾燥、いわゆるカサカサ肌についてでしたら最近の研究の成果で皆様に発表できそうなことがございます。えっへんっ。

一週間ほど前になるでしょうか、わがChaiが誇る人気タイ人セラピストカムソン(以下よっちゃん)が、眉間に皺を寄せて悩ましげに私の元へやってきました。おもむろに親指の先を私の方へ突き出し、「これはなんなのだ」。よく見てみると親指の先がカサカサしているではありませんか。私どもはタオルやパジャマの上を親指でずっと触っているので親指の先がとても乾燥するのです。

「ま、寝る前にクリームでも塗りなされ」と気安く答えましたが、考えてみたら常夏の国(鶴見氏のブログより)タイランドでは手荒れや乾燥なんて無縁なんですよね。きっとよっちゃんには初体験で不可解な出来事だったであろうと思われます。

冬に乾燥する原因は大気が乾燥して肌の水分が乾いて出て行ってしまうことと、気温が低く毛穴が開かないので皮脂が出にくいから。ですからクリーム(オイル)を塗るだけでは水分が足りません。尿素入りのハンドクリームが効果を発揮するのは、尿素が身体の中から水分を引き寄せ、更に皮膚の表面に油分が蓋をしてその水分を外に出て行かないようにガードしてくれるからです。

ですから今年は手作りの尿素とグリセリン入り化粧水を手にも付け、その後こちらも手作りヒアルロン酸入り美容液を手にも大量に付け、最後にグレープシードオイルを薄く塗っていますが、今のところほとんど手荒れの症状は出ていません。因みに尿素・ヒアルロン酸・セラミドはどれも体内の水分を引き寄せます。グリセリンも保湿成分ですがこちらは空気中の水分を引き寄せるものなので、両方使うとBestです。

なんだか小難しい話になってしまいましたが、いろんなハンドクリームや化粧品を買って試してみて「あれもダメ」「これもダメ」となるよりは、理詰めで対処した方が確実な効果が得られるような気がします。

重要なのは『足りないものは何か』を見極めること。身体の不調もまた然りです。不調が起こったら何が不足しているのか自分の身体とよく相談してみましょ。

2006-12-11 | Posted in 未分類2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 大橋 | 2006.12.12 23:52

SECRET: 0
PASS:
髪型が好評な川島様へ
それで、
悩ましげなよっちゃんの手は
どうなったんでしょ?

 さーみー川島 | 2006.12.15 18:01

SECRET: 0
PASS:
実は自分の手が治ったら満足してしまってまだよっちゃんには試してもらっていないのだ(;´▽`A“
今度お店に持ってくるから大橋さんも人体実験に協力して下さいね。

Comment





Comment