夜桜を見ながら

今週末、東京では桜が満開になりました。

皆さまはお花見を満喫しましたか?

それにしても今年のお花見は早かったですね~、

咲き始めたと思ったらあっというまに満開。今はもう葉桜。

というわけで、今年のお花見には少し遅いのですが、

私のお気に入りの近所のお花見スポットをご紹介します。

私の住んでいる杉並区には善福寺川がという川が流れていて、

その川沿いは遊歩道が整備されていて、大小いくつかの公園が点在しています。

その中の和田掘公園の前は、川沿いにたくさんの桜が植えられていて、

毎年シーズンになると自転車で散歩がてらお花見に出かけます。

昼間のお花見、青い空に薄ピンクの桜がぱーっと映えている様子もいいのですが、

私はここの夜桜が好きです。

暗闇の中街灯に照らされた桜がぼーっと浮かび上がりとてもきれいです。

ちょうど今頃、桜が散りかけの頃夜桜を見に行くと、

散った桜の花びらが、暗い川の水面に点々と浮かんで流れていくのが見えます。

花びらがどんどん流れていく様子を見ていたら

こうやってどんどん季節が進んでいって、毎日は変わらないように見えても

いつのまにかどんどん自分も歳を取っていくんだな~、などと普段考えないような事を思いました。

そんなことを考えるのは、夜桜の怪しい魅力のせいでしょうか?

セラピストカバクラでした。

2007-04-03 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment