鯉のぼり

ここ数日良くない事が続いているカゼので、

何とか流れを変えたいと思っているセラピストオオハシです。

さて、今の住まいも十分かたつむり田舎なのですが、

やっぱり『田舎』と言われると、お盆などに帰る両親の実家がしっくり来ます。

特に母方の実家は

千葉県であるにもかかわらずこの単語がとっても似合います。

その家に孫(男)が生まれた時は、

とんでもない数の鯉のぼりが泳いでいました。

一般的に絵で見る鯉のぼりは、

一本のポールにお父さん・お母さん…と一家が続くものですが、

田舎の鯉のぼりは、

一本のポールから四方八方に張られたヒモに鯉が泳ぎます。

初めてみた時は『何家族いるんだ?』と鯉の数を数えたものです。

そうです、四方八方に紐を張れる広さと、

鯉が泳げる風通しの良さが田舎にはあるのです

もうすぐ端午の節句ですね!

我が家の周りでも既に鯉が泳いでいますよ~。

皆さんの周りはどうですか?

2007-04-29 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment