紫外線

こんばんは。12日間お盆休みを取らせて頂き、炎天下でお墓掃除等に精を出していたら、すっかり自黒に磨きがかかってしまった、セラピストの足立です。

さてさて、今回は「夏休みの自由研究」という事ですが、この私の肌をこんなに黒くしてしまう紫外線について少し触れてみます。

皆さんは紫外線対策、ちゃんとされていますか?
紫外線は体内のビタミンDを作る働きがあるため、日光浴は体に良いと一昔前は考えられていましたが、今では日焼けによる様々なデメリットの方がクローズアップされるようになりましたね。紫外線を浴び続けることで体に現れる影響をざっと挙げてみますと、

1.シミ・シワをつくる
2.過度の日焼けはヤケドと同じ
3.皮膚がん発生の原因となる
4.白内障の原因となる
5.全身の免疫力を低下させる

などなど、私たちの老化をうながすものばかりなんですよね~。
夏が終わって日がサンサンと照らなくなってくると、つい紫外線ケアをする手が緩みがちになりますが、実は年中無休で曇りや雨の日でも容赦なく降り注いで肌にダメージを与えているので(紫外線が最も少ない冬でも、最も多い時期の2分の1の量はしっかり降り注いでいるんで、やはり年間を通して紫外線対策をする必要があるんです)、油断は禁物ですよぉ。

そうしたら、どうやって紫外線から肌を守っていくかというと・・・

・午前10時から午後2時の、最も日差しの強い時間は、できるだけ外出を避ける。
・日中の外出の際は、帽子や日傘、サングラスを活用する。衣服は濃い色の長袖がベスト。
・日焼け止めクリームを塗る。特に屋外のレジャーなどの際は、日焼け止め効果を表すSPF表示の高いものを選ぶ。

っと、結局は一般的な回答になってしまうんですが、やはりこれらを心掛けるしかないと思います。あとは、食事やサプリメント等で栄養をたっぷり摂取して、紫外線のダメージを受け難い体づくりも大切ですね。

最後に、紫外線にはメリットもあるんだという事も一言添えておきますね。

紫外線には、殺菌作用があり、下着やまな板、ふきんなどを直射日光に当てて乾かした方が良いと言われるのはこの為。また、日が高い時には、部屋のカーテンを開け、家の中に紫外線を取り込んで部屋を殺菌するのも大切ですよ~。

2007-08-24 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment