ミャンマー料理を食べてみました。

こんにちは。セラピストの鶴見です。今回は「夏の自由研究」という事で、前回のブログから引き続き、ミャンマー料理の研究をしたいと思います。


ミャンマーで最もよく食べられている料理、それはカレーです。ミャンマーのカレーは、大量の油で汁気が無くなるまで煮込む「油返し」という技で作られ、それはそれは油っこいそうで、カレー以外の料理でも油っこいものが多いそうです。

しかしミャンマーは、西はインド、東はタイ、北は中国と国境を接しているため、東北部に位置するシャン州のシャン料理は、タイ料理や中華と近く、あっさりしているそうです。


と、いう事なので、ミャンマー料理未経験の私は、まずは食べやすそうなシャン料理専門店、高田馬場の「ノンインレー」に行ってみました。日本にシャン料理店は2軒しかないそうです。

まずは1番人気らしいシャンそば(シャンカオスエ)を食べてみました。タイのラーメンと似た感じの米の麺で、坦々麺ともちょっと似てます。けっこう辛いのですが、あっさりしてて、とても美味しかったです。

もう一品は揚げ豆腐(トーフージョー)。見た目はフレンチトーストのようで、外はパリッとしていて中はトローリ、甘辛いソースにつけて食べます。これもとても美味しかったです。

ミャンマーはけっこう豆腐料理の種類が多く、納豆もあるそうです。メニューを見てみると、米の麺に固まる前のトローリとした豆腐を掛けたラーメンがあって、次回はこれを食べてみようと思います。


次に向かったのは、同じく高田馬場の「ミンガラパー」ここでは、勇気を振り絞ってカレーを頼んでみました。鶏肉とじゃがいものカレーで、やはり汁気はあまりありません。どれだけ油っこいんだろうと思って食べてみると、意外にもそれほど油は気にならず、結構うまいです。本場と比べると油控えめなんでしょうか。

他には発酵させたお茶っ葉のサラダ(ラペットゥ)も食べてみました。お茶っ葉を野菜やピーナツと和えたサラダで、ちょっと微妙な味ですが、なかなかイケます。


ミャンマー語のメニューしか無いという、看板も無いディープなお店「アバ&ゾージーチェーオー」にも行ってみたんですが、あいにくシャッターが半開きになってました。


私が行ったお店の店員さんは皆優しく親切で、雰囲気も良かったです。ミャンマー料理は結構美味しいという事が分かったので、また行ってみたいと思います。

2007-08-26 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment