ズバリ「合気道」のお勧め

こんばんは。夜勤セラピストの足立です。

まずはお知らせと言いますか、ご挨拶からなんですが、実を申しますと、今日で私はChaiを引退させて頂く運びとなりました。約8ヶ月間という大変短い期間ではありましたが、とても素敵なお客様&Chaiスタッフと出会えて、大変良い刺激を沢山頂き、多かれ少なかれ色々な意味で自分も成長できたように思います。本当に皆様には感謝の気持ちで一杯です。もっともっとお店に貢献できれば良かったんですが、諸事情によってしばらくはマッサージから離れた事に従事する事になり(友人や身内には個人的には続けていこうと思ってはいますが)、これからは新たな道でChaiでの経験・思い出を胸に、へこみそうになった時には皆さんの笑顔を思い浮かべてどうにか乗り切って、何事にも前向きに精進して参ります。どうかChaiを今後ともご支援の程、宜しくお願い申し上げます。


さて、私にとって最後のブログとなる今回のテーマは、「秋のおすすめのスポーツ」ですね。私が皆様にお勧めする運動は(スポーツというと少々語弊があるので)、やはり私が長年稽古し続けてきている合気道です。

合気道は日本の武道の一つなんですが、意外と日本人でも「瓦を割ったりするの?」とか「空手と柔道の間くらい?」などと聞いてくる方がいるので、合気道について簡単に説明したいと思います。


まず特徴として、合気道には試合がありません。えっ!?と思われるかもしれませんが、勝敗を争ったり、誰が一番優れているかということを決めたりしません。では、合気道の魅力ってなんでしょう。もちろんこれは「私にとっての合気道とは?」ということですが、合気道の中にある美意識に共感できるところでしょうか。ある合気道家の話なんですが、「聖書には、右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさいと教えているが、合気道では右の頬すら打たせない。打ってくれば、それをひょいとよける。これで自分は被害者にならないし、相手を加害者にもさせない。」と語ったそうです。発想が飛び抜けてますよね。でもそこには確かに平和があります。そういう優しさが技の中に随所に顕れています。優しいからといって稽古が楽チンかと言えば、合気道に何を求めるかにもよりますが、やり方によって如何ようにでもなります。


私が思うに、「己の心身を整え、人間関係を整え、ずーっと拡大していって、世の中を整えて行きましょう。」というのが合気道の教えるところだと思います。決して私ができてるとは言っていませんからね~。(^_-)☆


とにかく、相手といたずらに力で争うような筋力を要求するスポーツでは、私のような小柄な体格の者には力の限界を感じてしまいますが、相手の力を合理的に利用する合気道は、老若男女を問わずして誰にでも修行ができるという点もまた大きな魅力の一つです。適齢期がない合気道は、思い立った時が適齢期です。ある稽古人は、60歳になってから(定年退職後に時間ができたので)始め、80歳を過ぎた今は2段位になってまだまだ元気に稽古を続けています。合気道の修行には決して終わりがないので、「継続は力なり」を信じてこれからも体が動く限りは何十歳になっても末永くマイペースで合気道の修行に励み、争いのない平和な世の中を祈念しながら、よりベターな自己形成を図っていくつもりです・・・。


ちょっと話がかたくなってしまいましたが、もし少しでも合気道に興味を持った方がいらしたら(スティーブン・セガールの映画を見て興味を持ったという方でも、きっかけは何でもいいんです)、是非合気道の道場の門を叩いてみて下さいね!そしたら、Chaiではお会いできなくても、もしかしたら道場でひょっこり私と会えるかもしれませんね♪その時は、声を掛けて下さいねっ!それでは、皆様もどうかお元気で~!コップンカァ!(^^)/~~~

2007-10-20 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment