手のひらに太陽線

昨日まで春のような暖かい日が続いて、梅の花もほぼ満開になって来ましたね。梅の木の前を通る時はいつも深呼吸して香りを楽しんでいます。こんにちは、セラピストの鶴見です。

今回は自由テーマという事で、私が最近研究している手相の事を書いてみたいと思います。
私は占いって全然興味が無くて、どちらかというとやや嫌いなぐらいなんですよね。おみくじは、もう20年近く引いてないし、朝の番組で占いが始まると急いでチャンネルを回していた時期もあったし。
手相も占いみたいな運勢みたいなところもあるんですけど、体の疲れやストレスとか、不規則な生活、暴飲暴食で胃腸が疲れてるなどの健康状態や、思考回路など脳の構造などが手のひらに現れてくるってゆうのは、足裏の反射区みたいな感覚なんじゃないかなーと最近思って、体の状態とか見るのに役に立つかなーと思い、調べてみる事にしたんです。するとこれが結構面白くてハマってしまいました。

よく手相は右手で観るのか左手で観るのか迷いますが、両手を目の前で組んでみて、親指が上になっている方の手が、持って生まれた物や過去の状態を、親指が下になった方の手が現在の性格や環境、健康状態と未来の状態を表しているそうです。
なので、努力したり、健康に気を付けたり、環境をかえたりすると、親指が下になった方の手の手相はだんだん変わって来るそうです。

小指の下あたりから生命線の方へ斜め下に伸びる線は健康線という名前で、自律神経と関係してるそうなのですが、この線は、全然無いか、または乱れのない1本の線が通っている時は健康なのだそうです。この線が切れ切れになってたり乱れている時は、ストレスやオーバーワークなどで、心身が疲れている状態だそうです。

ちなみに薬指の下から縦に伸びている太陽線は、お金を生み出す能力を表しているそうで、女性の場合、結婚線が長く伸びて太陽線まで届いている相は玉のこしの相と言われています。私男性なのに玉のこしの相が出ているのですが・・・コレっていったい。

2008-02-24 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment