ポニョ、ポニョ。

こんにちは。

セラピストのイシダです。

この夏、スタジオジブリの最新作映画の「崖の上のポニョ」が

公開されていますが、ご覧になりましたか。

まだ、私は見に行けていないのですが、

これが宮崎アニメ最後の作品かもしれないので、

映画館で見てみようと思っています。

先日、テレビで宮崎監督の製作現場を取材した番組を見ました。

製作過程をドキュメントしていて、現場の様子が垣間見れました。

作品を生み出すことの大変さ、

また作る楽しさ、喜びが伝わってきて

何かを作り上げるって素敵だなって思いました。

ジブリ作品は世界的に認められていて、

熱烈なファンも多く、ハリウッドの映画関係者もわざわざ

監督に会いに東京郊外のスタジオまで

足を運ぶそうです。

アカデミー賞も取った監督ですからね。

ジブリ作品は日本の誇りですよ。

監督自身、今回の作品が最後になるとおっしゃってましたが、

まだまだ作り続けてほしいものです。

でも、製作現場の大変さを考えると

それを期待するのは酷かもしれません。

日本のアニメを世界の人々に知らしめた

宮崎アニメは、これからも色褪せることはないでしょう。

スタジオジブリがどうなっていくのか分かりませんが、

ディズニーアニメのようにはなってほしくないものです。

日本のアニメって大人も楽しめるものですから、

これからも才能のある作家が現れるといいですね。

2008-08-14 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment