水について

こんばんは、セラピストのみつほです( ̄∇ ̄)ノ
今回のテーマは自由研究という事で
身近な所にある、水について調べてみようと思いました
まず最初に水の硬度について調べてみました
硬度とは水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量を数値化したものです
軟水    ・・・硬度が0~60mg/L未満
中程度の軟水・・・硬度が60~120mg/L未満
硬水    ・・・硬度が120~180mg/L未満
非常な硬水 ・・・硬度が180mg/L以上
丁度、120mg/Lで軟水と硬水に区切られているみたいですね
ヨーロッパの水には硬水が多くあって、日本の水には軟水が多いそうです
使う用途は
軟水(硬度100以下)  ・・・料理全般、和風だし、緑茶、紅茶、炊飯など
中硬水(硬度100~300) ・・・洋風のスープ、しゃぶしゃぶ、鍋物など
硬水(硬度300以上)  ・・・スポーツ後のミネラル補給、ダイエット時のミネラル補給、妊産婦のカルシウム補給、便秘解消など
逆に、硬水の水でご飯を炊いたりお茶を入れたりすると
ご飯はパサパサになったり、緑茶や紅茶などの香りを十分に引き出せなかったりするそうなので、注意が必要です
次は水分補給について、調べてみました
水分補給には、真水(まじりっけのない水)は駄目だそうです
理由は、汗から水分とミネラル分が同時に失われていきます
真水だけだと、水分は補充できても、ミネラル分が補充できないからだそうです
僕も確か、ウェブ上の記事で
マラソンの給水に真水を使用して
倒れてしまったという記事を見たことがあるので
水分補給には、ただ水を取れば良いという訳ではないのですね
日本の水道水の硬度は、だいたい50mg/Lぐらいの軟水だそうです
なので、ミネラル補給には少し役不足という感じなのですかね
まあ、そこまで神経質にならなくても良いとは思うのですけど
スポーツなどで大量に水分を補給しなくてはいけない時は
硬度300以上の水やミネラルウォーターなどが、適切と覚えてもらえればと思います
僕は、水を毎日飲むようにしているのですけど
硬度の高い水は、飲みにくかったです
さすが、硬水というだけの事はありますね
今回の自由研究で水の事を調べたのですけど
硬度によって、水の用途が変わるのが興味深かったです
それでは、この辺で( ̄∇ ̄)ノ

2008-08-21 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment