時のはかなさゆえに。

セラピストかわのです。こんにちわ。

夏の終わりが近づいてきました。

もうすぐ秋です。

秋から始めたいこと。

アタマが混乱するほど、始めたいことはありすぎるほどに

たくさんあるけれど。

多分今年は来年以降に向けての充電期間だと思っているので。

何か大きなことを成し遂げるということよりは、いろんなことを

ちょびっとずつ吸い込みたいかなぁ。。

なんて思います。

すーぅ。すーぅ。ってね。

そして秋からは何を始めよう・・・

とりあえず、キレイな空見つけたら、携帯カメラで写真を

パシャリって撮ろうかな

まばたきのたびに消えてゆく時を記憶するかのように

秋の夕焼け空とか

とんぼの飛ぶ音とか

誰かさんの道路に映る影とか

その一瞬のシャッターが永遠の記録になるような写真が撮りたいです

(おちゃらけたおふざけ写真じゃなくて)

今年の秋はそんな気分

遥か未来 振り返ったときに

記憶の片隅に温かく包み込むように存在していそうな

輝かしくも懐かしい2008年になりそうなので

これから先 それらを切り崩していきながら

生きて行かなきゃならない日がくるかもしれないですものね

だからこそ

時の儚さを記録したいと思います

2008年夏のおわりの思い出

あれこれてんこ盛り

しいて言うならば

誰かさんの七三わけ

おなかがペッタンコになるくらいに笑いこけました

ゆりこ

2008-08-27 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment