ロイカトゥン出場!!

ども。旅烏のカモこと芳垣です。
昨日はチャイの一員として宮坂さんとお台場ロイカトゥン祭に出場して参りました!!

やはりイベントマッサージは一味違う!!
テンションあがる!!

そして…会場で出逢った皆様、
宮坂さんが常識人ですからね?

躁状態のカモの奇行は、、、まぁお目こぼし下さい。
そのままのハイテンションで深夜番のチャイ六本木に入っております。

実は体調不良もあり、はずせない予定もあり、で、
11/1-8とお休みを頂き、しっかりとした休養を取りつつ、

後半の三日はタイマッサージ練習会In広島『仙酔島』へ行って参りました。
(↑三ヶ月前から楽しみにしてたはずせない用事)

全国のタイ古式セラピストが集まって、
純粋に互いのセッションを愉しんだり、
タイ式業界の現状や未来を考えたり、
有意義な時間を過ごすと共に、
環境としても『仙酔島』という素敵な桃源郷での夢のような日々を過ごして参りました。
どうやら宮崎監督の映画、『ポニョ』の舞台になった島らしいです。
なんにせよ、日本って素晴らしい。

ロイカトゥン祭の様子や練習会の様子はまた機会があればアップします。

で、ゆっくりとヒッチしながら交通費を節約しながら
帰ってこようと思いましたが…

宮坂さんから一本の電話。

『カモさん週末お台場でロイカトゥンでイベントマッサージあるんだけど今何処です?』
『広島』
『じゃ無理ですね…夜勤も入っているし、残念イベント大好きだと思ったのに…』
『…。イベント大好き!!無理してでも行く!!!』

結局名古屋まで練習会で知り合ったセラピストの方々に乗せていただき、
でも時間的に電車(鈍行)が終わってしまってましたので、
そのまま友人宅に一泊(お風呂には入りたかったの。)→翌朝出発、

六本木、お台場。
寝坊は自己責任。結局、新幹線でピューです(笑)
早い早い。

採算なんて考えません。
好きな仕事が出来れば幸せなのです。
金より仕事に釣られる阿呆カモさん。

こいつに世界の果てまで行って
イベントや仕事だからと揉んで来るチャンス(餌)があれば…
何処でも飛んで行きますよ。
多分、心から好きなことをしていれば、
未来は拓けるんじゃないかな、とも思っております。

さて、今回のお題は『世の中間違っていると思うこと。』
いつに無く重いジャンルですねー、
出題者の心境に如何なるものが在ったのでしょう?
そうですね。間違いってたくさんありすぎて。
たとえば俺が生き残っていることとか。(なんか落ち込んできた)
まぁそれは置いといて。ありますよ。ホント。

そう。
やはり交通費の高さでしょうか。
今回も私のお財布を大打撃。

通常時は特別お金に興味も無く、
酒とも贅沢とも縁も無く、
使うといえば食費ぐらい。
タイ式を生業として、
食費と居住費が稼げればよい生活。

ただ、私の人生、移動が多い。
そして移動だけはしたい。
このときばかりは交通費とお金、
ついついフォーカスしてしまいます。
しかも魅力的なイベントや仕事は突然入るものですし、
元来が予約が嫌いで思いつきで動くものだから、
早割りなんか役に立ちません。
国内線の高さも沖縄に行くのに海外行くより高かったり、
早割するくらいなら定価を下げて欲しいモノです。

高速の料金、鉄道の料金、
子供の頃と比べて高くなりすぎたバス運賃などなど。
繰り返すようですが国内線の高さには辟易してしまいます。

まぁ国際スタンダードのある飛行機や、
燃料代は仕方ないとしても、
やっぱり安くしてほしい。

まじめな話、元(現役?)旅人として、
旅先の国々での陸路移動の距離×コストに
収入、ベースをその地方の食費と考えた場合の比率を考えたとき、
収入の違いを考慮したとしても決して良いとは思えません。
(居住費も然り。だけど、これは島国の特性からして仕方がありません。)

難しい経済理論とかは判りませんが
あちこちで生活をした者の肌で感じた実感として、
日本に居るときが一番、交通費と収入の比率がおかしい、と感じます。

世界を旅して、日本の美しさを見直したい、と思っておりますが、
実際には仕事を休み、
素敵な景色、美味しい食事にありがとう、と地域に納めて、(そういう気持ちになりませんか?)
さらに高額な交通費を払うと、(貧乏バックパッカーの視線でですが)
その気は無くともカナリ贅沢な旅行になってしまいます。

たぶん、もう少し安くなれば世界は気軽に話し合い、
理解しあい、互いに学んで、戦争も減るかもしれませんし、

国内にしても、
交通が他国並みのパーセンテージで使えるならば、
その分、旅先で気持ちよく使えますし、
無駄なダムや干拓を行って自然を壊したりして税金をムダ使いしたり、
原発を作ったり、一過性の下手なバラ蒔き政策をして地域の自立性を奪うより、
よっぽど地域産業も盛り上がるんじゃないでしょうか。
日本の文化や自然は世界に誇れるほど素敵なんですから…

2008-11-09 | Posted in キャンペーン&イベントNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment