映画って本当にいいもんですね~♪

サワディーカァー!!梅雨時の寒さはどこいった?

もう夏が見えてきましたねーー!

常夏タイランドに想いをはせるセラピスト三澤です。

月に最低でも1本は映画館で見なくちゃ自分が

許せなくなってしまうワタシでありますが、

最近観た作品は、江口洋介様と大沢たかお様が

男汁をだしまくりで、クラクラさせられた

「GOEMON」と、

イヤなじじぃがどんどん味のある素敵なおじい様に

見えてくる、クリントイーストウッド作品の

「グラントリノ」

最後にイーストウッドとその実の息子が歌う

ソングを聴きながら嗚咽もでちゃう感動作品でした。

アメリカに移住してきた、モン族家族の風習や

家族の絆をよく表していて、以前ワタシも

タイでモン族に会いに旅をしたことを、思い出し

タイに住む大好きな友達やお父さん、お母さんに

会いたいよーーー!!とも感じた1日になりました。

そして先週見たのは、「スラムドッグミリオネラ」

この監督ってイギリス人で、結構前にユアンマクレガーが

主演の「トレインスポッティング」を作った人だったんだと

見たあと知り、なるほどしかり!!

と感じるくらい、映像の撮り方と音楽の組み合わせが

絶妙で本当に2時間あっという間に感じる

面白いけど、いろんなメッセージが沢山つまった

作品でした。

タイで暮らしている時、私の甥っ子と同じ歳くらいの

小さい子が、車がバンバン走ってるなか、花や

新聞を売ったり、道端には、物乞いをする

沢山の人々がいることに、始めは戸惑ったものですが、

人間そんなことも、悲しいことに慣れてしまうんですよね。

でもこの作品を見て、そういう人達がどんだけ

苦しくて、そして今毎日この瞬間をどう生きているんだろう

と深く感じずにはいられないものでした。

日々普通に暮らしているとなんにも感じないけれども

映画はたった2時間で、さまざまな事を教えてくれる

本当に大切なツールの1つだなぁと思いマス!

今月はこれから、オペラの歌姫「マリアカラス」の

ドキュメンタリー映画と、アカデミー主演女優賞を

とったケイトウィンスレット主演の「愛を詠む人」と

ウッディーアレン監督の「恋するバルセロナ」を

絶対見に行くぞー!と意気込んでおりまーーす♪

2009-06-13 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment