日本の母の日

サワッディーカップ!よっちゃんです!お元気ですか?よっちゃんの大好きな暑い季節がやってきました!先日、タイの友人から、トウガラシを送ってきてもらい、このところ毎日「ソックレック」というイサーン料理を食べています!暑いときに辛い物を食べて汗を流す!これがよっちゃんの健康法です。
ところで、母の日は過ぎてしまったけれど、よっちゃんのについて書きますね。よっちゃんのクンメー(タイ語で母親のこと)はよっちゃんが小学校4年生ぐらいの時に病気で亡くなりました。それまでの思い出は、あまりないけれど、「強く叱られたことがない」というのが印象に残っています。タイでは両親を大切にすることは常識で(世界中どこでもですよね)、とくに母親の面倒は子供たちで協力します。
3世代ですむようになったら、「おばあちゃん」はその世帯の中で一番中心になるのです。結婚すると、男性は奥さんの家に入り、奥さんのご両親の面倒を見ます。
日本と逆ですね。でも、とても合理的でしょう。
奥さんは子供を産むから、奥さんの実家にいたほうが、お産の時に実のお母さんが面倒を見てくれる。
産後の体調が悪い時も遠慮せずに寝ていられる。
孫を気兼ねなく預けることができる。
男は、自分の実家には好きな時に帰ればいいけれど、もし男性側の実家に奥さんが嫁いだら、奥さんは遠慮してなかなか実家に帰ることができないしね。
ちなみに、バンコク・サイアムにある「バーンクンメー」というタイレストランは、日本人の口にも合うおいしいタイ料理レストランなので、お勧めですよ!ではまたね。ポップガンマイカップ!byよっちゃん
2010-06-03 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment